荒鬼の人生ブローバック

好きに生きるって素晴らしい・・・ですね

MUSIC

JANKO、打ち留め

janko01





「最初と主旨が変わってきてますよね」

2G氏にそう言われ、はたと気が付いた。そもそも、某劇伴専門サイト掲示板の、一連の流用曲情報が、ヤンコ・ニロヴィックを追いかけるきっかけだったはず。それが今じゃ「ニロヴィック、気に入った」状態になっている。もはや流用云々はどうでも良くなって、一曲一曲をじっくり聴いてしまうモードに。有りがちだけど、後追いでアルバムを揃えようとすると、曲のダブりに泣かされる。でもいいんだ、好きになっちゃったし。

 

いやいや、ちょっと空威張りしてしまいましたが、最初にベストを買うと、後々酷く損した気分になりますよね。入手可能でありながら未入手なタイトルもあるのですが、ベスト盤の更にセレクト盤という構成なので、これはスルーして然るべきでしょう。7/10がダブりでは辛過ぎるので、誰か買って聴かせて下さい

 

ニロヴィックの本領はフレンチラウンジ。これがラウンジ系、ってヤツなのでしょうか。ただ、信じられないことにライブラリー・ミュージックというジャンルが存在するらしく(モンドより更に不可解)、そうするとニロヴィックさんはラウンジ系でライブラリー系の大御所、ってことになるんですかね?もう判んない

 

曲はバラエティー且つカラフル、だけど特にマニアックというわけではありません。「クセがあるようでない」のが、ニロヴィックの最大の特徴だと思ってます(何だかジムみたいだけど)。特に関心が無くても、聴けば幸せな気分になります♪ なんかそんな感じ。CMで使用(どのCMか思い出せれば苦労しないんだけど)されていた『Un Couple Dans La Ville』を始め、オシャレでポップでキュートな曲も多いので(知ってるカタカナ並べるなよ)、イージーリスニングと呼べなくもないかなあ。サンバやボサノバのリズムを取り入れたりして、差し詰めボーダーレス・ミュージックという感じも<ホント何なんでしょうね、この人

 

ここまで、何気に「現在も第一線の人」であるかのように書いてきましたが、彼は60年代後半から70年代にかけて活躍したコンポーザー/ピアニストらしいので、その魅力の多数はまだアナログ盤の世界に埋もれたままと見た方が良いのでしょう。いつの日か、総ての曲がデジタル化されることを祈ります。あ、明日リイシューで過去のアルバムが…。う~ん、どうすべきか

 

 

新たに流用曲発見!『秘密戦隊ゴレンジャー 61 桃色のKOパンチ! エンドボール勝負』にて、牛靴仮面が黒十字ハリケーンについての講釈を垂れるシーンで、「MEETING IN THE SQUARE」(PSYC' IMPRESSIONSに収録)が使用されています。ファンファーレの下りから、上手く映像に合わせた流用には、ちょっと笑っちまいました

 

 

 

 

tt00

 

 

ニロヴィックの曲が1曲だけ収録されている、という理由からコレも買いました。やっぱし打ち留めは無理そうだなぁ・・・・・。


Mondo Exotica

やはり今でも、ジャケ買いシンドロームは治まりません。プラス、「モンド」というキーワードには、無意識に反応するようです。

 

実際、「Mondo」というジャンルを良く把握出来ていません。とゆーか、「Mondo」は文章や言葉では説明出来ないのかも知れません。明確なカテゴリー分類が出来ない曲は、全部「Mondo」にしちゃえ!というのは些か乱暴ではありますが、『いかがわしいB級音楽のことだよ』とか言われても、納得出来るはずありませんし。で、関連音楽として並列されるのがラウンジ系。ラウンジ系…なんだよ、系って<これについてはまた後日
 

なので、ネットオークションでCDを放流する側だって、必ずしも「Mondo」を理解して出品タイトルを決定しているケースばかりではないと思われるので、どうか気をつけて頂きたいです。でないと、すぐに引っ掛かってしまう男がここにいるんですから。今回は避けられたけど、過去に致命傷を負わされたという記録を持ってますもので。

 

このアルバムが自分的に当たりかハズレかは別として、ジャケにデカデカとMondoの文字があるので、ここに収録されてる曲をモンドミュージックと認識しても差し支えはなかろう、と思いながら聴いてたんですけどね…あ、やっぱラウンジ系ぢゃねーか!みたいな。だから、系って何?



ul00

The Essential

ジャン・ジャック・ペリーのかの名盤を、小川@ツキノワさんから拝聴させて頂き、感涙と同時に流用シーンが全く思い浮かばなくて、逆に悶々とした日々を送っていたところ、容易に入手出来るペリー&キングスレーのアルバムを発見。「Good Moog」にはとても及ばないものの、それでも聞き覚えのある曲がチラホラ。アナログ盤リリースは1970年だとか。ゲッ!もう40年も前なのね


perry01


最近「人間は過去の記憶を捏造する」という話を聞いたため、映像と直接照らし合わせて確認出来ない以上、不用意に「あのシーンはこの曲だ」と断言することは憚られるわけですが、かと言って、仮に映像を入手出来たとしても、きっと別の出典不明曲と遭遇するはずなので、この作業はやはり無限ループなんだな~と思ってしまいます。作業、とか書いてしまいましたけど、趣味と呼ぶにはかなり屈折した見方聴き方なので、作業と言う形容がピッタリなのかと。

ファンクとジャズファンクは違うの話

 

ベタな話題で申し訳ないんですけど、コレって最近まで知りませんでした。いやホント、真剣ですって…。レコード屋さん(敢えてそう呼んじゃいますが)には、もっとジャンルを細分化して陳列して欲しいです。もちろん、ド素人のために。2G邸よりファンクCDを何枚か拝借してきましたが、その中の何点かは間違いなく某有名ショップのジャズコーナーに置かれているんですよね。実際に聴いた感じでは、フュージョン寄りな気もしますけど。でもウェザー・リポートなんか、モロにジャズ棚だしなぁ




top01


 

タワー・オブ・パワーの『イースト・ベイ・グリース』。私の知る2Gさんの好みではないように思えたので、この手のアルバムを持っていたのは意外でしたけど、コイツは良かった! ジャジーなスパイスもあちらこちらに効いてますよね。そうか、これがファンクなのか。いやいや、全然判別出来てないんですけど

 

 

 

 

 

 jism01





jamc01




ジミースミスの『プレイズ・レッド・ホット・ブルース』とケニー・バレル&ブラザー・ジャック・マクダフの『クラッシュ!』。 以前頂いた小川さんのコメから、ジャズファンクの輪郭がぼんやりと浮かんだのですが、黒い人のオルガンメインの曲が発祥と考えていいのでしょうか?いかん、ドンドン深みにハマっていくわい

ジャケで買う

yam01




PHAT PHUNKTION / you and me

もちろんこんなアーティストは知りませんでした。とゆーか、最初どっちがタイトルでどっちが奏者かも判りませんでした。。。ジャズ・ファンク、レア・グルーヴの摂取量を少しずつ、しかも手探りで増やしていってるので、耳の奥で上手いと感じるか不味いと感じるかは、聴いてみないと分からない!ってのが楽しみのひとつになってます。このアルバムは輸入盤ですが、もちろんジャケ買いです。趣味丸出しですね

 

ライナーも全て横文字なので、何が書いているのか読めませんw とりあえず Phat Phunktion で検索したら…なんとまあ、スウィートな雰囲気のジャケットからは想像し難い、柔道部の部室の臭いがしそうな、骨太メンズユニットでした

 

個人的には、ボーカルに紛れて収録されていた1曲のインストがヒットしたっちゅーことで、まあ当たりとします。ハズレでも悔しくない金額で買ったし 当たり外れより、私の場合はまず タワー・オブ・パワー を知るところから始めた方がいいみたいです。




Phat Phunktion

    

 

ディス・イズ・スピードメーター

62f1003b.jpg


1500円という、魅力的なプライスに負けて買った1枚ウインク
もしかしたら、ジャズ・ファンクというジャンル(?)は好きかも知れない。
と言うか、間違いなく好きだな~ラブ 楽しみがまた一つ増えましたOK

saturday night special


dc7bb50e.jpg


《デトロイトが誇るジャズ/レア・グルーヴ屈指のオルガニスト:ライマン・ウッダードが75年に名門<STRATA>レーベルに残した初リーダー作品。もはや説明不要。漆黒のジャズ・ファンク傑作曲がほぼアルバム全曲を占めるまさに奇跡的作品!本CDは彼自身が生前、実際に立ち会う形でマスター・テープからのリマスタリングが施され、更にはオリジナル・アルバム未発表テイクも収録している。》だそうです。ジャケットに貼られた「男なら黙って、コイツを聴いて週末を過ごせ!」という挑発的なシールにまんまと乗せられて、ホントにコイツを聴いて、週末を過ごしてしまいました。ウェブリー&スコットの9ミリオートのようなピストルがフィーチャーされた、ジャケットに惹かれた…わけじゃありませんよ、念のため強く言っときます笑い。たまたまYouTubeに上がってたアルバムタイトル曲を聴いて、何となく気に入ったという、いつも通りのポリシー皆無の選曲です。リマスタリングのくせに、音質メチャメチャ悪いなあとか思ってたんですけど、オンラインショップのカスタマーレビュー諸々を読んだら、“世に出たのが奇跡に近いのだから、不満を言ったらバチが当たる”的なことが書かれていて、へぇ~そんなもんなんですか?くらいにしか思わない私ですが、どうかバチが当たりませんように。確かに、「マグマ大使」DVD-BOXの特典BGM集を小川さんに聴かせて頂いた時は、正に奇跡だ!と思いましたからね。似たようなものでしょうか?<全く違うとは言い難いが、違うような気もするドクロ

で、件のシールの台詞を吐いたMUROとかって人物のCDも、この際だからついでに聴いてみることに(暇か)。《KING OF DIGGIN'ことMURO。日本語ラップ・シーンの先駆者の一人であるだけでなく、DJ、プロデューサー/トラックメイカー、レーベル・オーナー、デザイナー等、様々な顔を持つ彼の名を世界的に一躍有名にしたのは、そのセンス抜群の~》…はいはい、もういいです汗何も知らない私が悪うございました。要するにこのCDもMuro's Choiceってシリーズの1枚で、ブルーノート・ミックス・アルバムでした。作曲者と言う訳じゃなかったのね、MUROって人。


55d092ce.jpg



最近、CDの買い方がドンドン変な方向へ行っちゃってる気もしますけど、つくづく自分はインスト派なんだなーと再認識してます。まあ、歌が嫌いって訳ではないんですけどね。




EMBOUCHURE

ac81ec41.jpg


このCDに辿り着くまでは、さほど苦労はしませんでした。突然「『裏刑事』のOPテーマが聴きたいなあ」と思って、Wikiで調べたらあっさりと判明。でも番組の制作は1992年と、ついこないだの作品だと思っていたのに17年も前困った。朝本千可のアルバムなんて、その辺の中古屋に並んでいるはずも無く…。そこで小川さんにiTunesの話を教えて頂いたのを思い出し、検索してみるも該当なし…落ち込み。仕方なく1曲のために、オクで中古品を定価にて落としましたとさ悲しい

聴いてみて・・・、記憶が曖昧なせいもありましたが、OAバージョンと比べてサックスが控え目なような気も。やっぱしアルバム収録版と異なるのは、劇伴の常なんでしょうか?<劇伴扱いするのはどうかと思いますけどウインク

延長戦を続ける大人たちへ

人様より特別手の遅い私は、まだ原型をコリコリと削っております。周りから大丈夫なのか?間に合うのか?と心配の声を頂きますが、例年通りのペースなので、本人は至って涼しい顔で、今日もコリコリ、ガシガシと。さすがに来週になると脂汗がにじみ出てくるわけですけども、今回は1アイテム多過ぎたかと、ちょっぴり今頃猛省汗

なんなんだ なんなんだ この毎日は一体なんだ!

今の自分にピッタリの歌詞だなあ。粘土と格闘しながら何度もリピートしてるので、もう10回は聴いちゃいました。

7f18dcf0.jpg




カヴァーってなんどす?

とにかく最近は「カヴァー(cover)」という言葉を良く聞く。カヴァーと聞いて、真っ先に連想する「覆う」とは違った意味合いで使われているようだけど(Wikiによれば『ポピュラー音楽の分野では、過去に他のアーティスト(演奏家・歌手など)が録音した曲を演奏・歌唱して発表することである。元は代役を意味する言葉であった。』となっている)、「カヴァーされた側」は不快な想いをしないのだろうか、とか余計な心配をしたりするんですが・・・・。その昔、「本命盤」と銘打って再演奏されたスクリーンミュージックのレコードは、今思えば結構失礼なレーベルだったなあと。カヴァーが本命とはこれ如何に、ってなモンです笑い


7fed57c6.jpg

プラマイ君オススメの…否、オススメというより、強制送付されてきた1枚ウインク。これもカヴァーで構成されたアルバム。本人プロデュースによる新曲も収録されてます。大学生の頃、角松敏生を聴いていると言えば、ちょっと大人びた匂いがしたものですよ。とゆーか、聴いてるのはみんな気取ったヤツみたいな、ネまる。実際自分の中では、杉山清貴とかTMネットワークとかと同類に扱ってましたけど、今はバラードを歌っても嘘臭く感じない年齢になられてます。あ、近頃ではバラッド、って言うんでしたっけOK




7f0551cc.jpg

「Crazy for you」は、何故かシングルのみが売り切れ、仕方なしにDVD付を買いました。通常版とはジャケが異なっていて、レジへ行くのが少し躊躇われました。オッサンには気恥ずかしい写真ですしドクロ。これもAshley Robles の『Fallin' For You』という曲のカヴァー。そんなのどこにも書いてないし、どこかで聞いたこともない。いや、音楽番組なんかほとんど見ないので、単に知らなかっただけなのかも汗。世の中には自分と同じ疑問を持つ人が沢山いて、聴き覚えのある曲は直ぐにQ&Aにかけるというケースが日常化してますから、あっという間に解決したと。確かに聴いた記憶があったように思ったんですけど、原曲タイトルには全く覚えがありませんでした落ち込み。気のせいだったのかな。あ、おまけ程度に考えていたDVD収録のPV、結構良かったです<どこが?何が?ラブ

fea93328.jpg
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
最新トラックバック
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ