荒鬼の人生ブローバック

好きに生きるって素晴らしい・・・ですね

日常

プレイバック2013

013lt

今年一年を振り返りたいと思うのですが、

まず…

喪中のため、年明けのご挨拶は控えさせて頂きますので

予めご容赦下さいm(_ _)m

 

今春、プラモ製作過程を記録するという名目で、本ブログを再始動させました。年間を通じて、全く作業出来なかった期間が4ヶ月程あり、実質10体/8ヶ月完成 というのは、私の人生において、過去例がありません。ここを以前から御覧頂いている方には、もはや説明不要だと思いますが、はっきり言って、この数は多いです。一晩で、合わせ目も消さず筆塗りで仕上げていた、あの粗製濫造の日々を送っていた、ガンプラブームの頃以来です。なので、今年は「模型が趣味」、と言える自信がついた一年になりましたね。また、模型製作を、現実逃避のためのツールとして活用したにあらず、純粋に、プラモデルって面白いなぁ、と改めて感じた一年でもありました。

 

これまで「知っているつもり」になっていて、実は「全然知らなかった」ことが、多々あったことも痛感しました。ネット上には、惜しげもなくテクを披露されている方が無数におられ、出戻りの身としては、非常に助かりました。今年は、これまで避けてきたプラ板工作やデカール、クリアー塗装にもチャレンジしました。成功したかどうかは別として、自分の中で工作の領域が広がったというか、まだまだ広げたいと思いました。

 

旧年比で積みが増えましたが、それ以上にサプライ品も購入しました。これまで、「見つけたからただなんとなく買っていた」行為が、「必要になったから買いに行く」という、自然なアクションを起こすまでに変化しました。が、本腰を入れて工作を再開後、しばらくして徒歩圏内にあったホビーショップの支店が撤退してしまい、ちょっとショック。もちろん、優良な模型用品専門のネットショップもあるのですが、なるべく現物を目で見て購入したい私には、やはり残念な出来事でありました。

 

今年は便利なモノに、多数出逢いました。単に、「何年も前に発売されていたのに、最近まで知らなかった」って、だけなんでしょうけれども。ガイアノーツのスーパースティック砥石、セラブレード、オーロラデカール。ウェーブのヤスリスティック・フィニッシュ、ペイントミキサー、肉厚の薄いプラパイプ。あと、HiQのデカールフィクサー他、ヒートペン、グレージングパテ、シアノン等々。中でも、クレオスのMr.セメントSの功労は大きかった。今まで知らなかったくせに、もはやコレがないとプラモは作れない!とさえ言い切れるほど不可欠になりました。まぁ、ペンライナーみたいなハズレにも出くわしましたが、各社のディテールアップ・パーツも含め、総て自分が満足出来る、使いこなせるってわけじゃないですから、イマイチ使えなかったアイテムに関しても、完全否定しているのではありません。手に合うとか、馴染むとか、使い勝手の良さなんかは、あくまで個人的な感覚なので。にしても、便利な世の中になりましたよね、ホントに。

 

来年の目標は…調子に乗ってスケールを!とかはやりませんw とりあえずMGを何か1体完成させる。まずそこからでしょうか。去年はマシーネンも作れなかったし、主役級ロボも作れなかった。水物ビネットにも挑戦したい。電飾もしてみたい。GKも作らなきゃ。

 

やりたい!やりたい!ばかりでは、ちっとも前に進みませんからね。

来年も前向きに、手を動かしたいと思っています。


IMG_8501


年内にエルメス、ミデアは何とか完成するに至りましたが、撮影する時間がなかったため、詳細は年明けに改めて。ビアレスは基本塗装70%でタイムアップ、パワードスーツはまだもう少しかかりそうです。年末はちょっと詰めて作業したので、新年はゆったり目のスタートで。

超・大河原邦男展

 

美術館のお約束事で、館内撮影は禁止でしたが、原画及び設定画の数々は、この目にしっかりと焼き付けられました。閲覧時間の2/3は、もしかしたらダグラムゾーンで滞在してたかも知れない(≧∀≦)

 

予想以上にモチベーションは上向きになって、とりあえずウェーブのターボカスタムを組みたい衝動に駆られましたけど、どういう理由なのか、「ザブングル」「ガリアン」関連の画稿が一切ない!というのはなぁ…。

 

まぁ、久々に2Gさんと長時間雑談も出来たし、トータルで充実した1日でありました

IMG_7772

無理矢理学生気分を味わうの日

IMG_4283


先週のお話ですが…20
数年ぶりに母校へ行ってきました。4年間お世話になったクラブハウスも、現存ながら部員縮小のため閉鎖状態で、残念ながら入室不可でしたけど、キャンパスを周回したり学食で食事したりと、当然周りは保護者を見る目でしたが、お構いナシに数時間を過ごしました。改めて、こんな金のかかるアホ大学の、授業料を黙って払ってくれていた親に感謝です 




今回は参加予定者のドタキャンが相次ぎ、結果的に少人数(前回の半数以下)になってしまったおかげで、フットワークも軽く大阪へ移動。お決まりの宴会に…って、世間的にはまだ真っ昼間だったんですけどね。酔っ払って日が沈んだ頃に解散という、なんとも極道な一日でございました。

IMG_4286

こんな先輩でゴメン…

IMG_3474

 

先週末、大学時代に所属していたサークルのOB会があり、昨年他界したプラマイ君の形見分けのジャケットを着て、私も出席させてもらいました。参加者は10名ほどでしたが、数ヶ月ぶりに会った者もいれば、卒業以来会っていなかった者も居て、僅かな時間ながら楽しく過ごせました。また先輩や同回生は全員欠席で、会場では私が最年長と言うこともあり、みんなで気遣ってもらって最高の気分を味わえましたね。わざわざ帰り道まで案内してくれたヤツも居て、何だか老人になった(ちょっと担任の先生になったような)気にもなりましたけど、学生時代特に力になってやったというわけでもなかったのに(どちらかと言えば、先輩風を吹かせてイビってたかも…)、ホント有り難かったです。それぞれがそこそこ立派になっていて、当時から全く進歩していない自分がちょっぴり恥ずかしくもあり…。今度は6月に母校で、しかもクラブハウスで再会することになりましたが、次回もまた楽しい時間が訪れることを期待しています。

 

IMG_3476

あ、サークルと言っても、オタク度ゼロ倶楽部ですから、念のため

ポメラ


5c28e4a9.jpg


とにかく、懐かしい感じのする機器でありますね。小犬みたいな名前だけど犬 プリント機能を持たない、小型ワープロです。本当に機能はそれだけ。まさか今の時代に、こんな商品が出てくるなんて思いませんでした。

ちょっと前ですが、トイガンブログ用のテキストを保存したフラッシュメモリを、知らない間に紛失したことがありました。落としてしまったメディア自体は、安物だったし買い直せば済む話なのですが、長時間掛けて作成した文章を失くしてしまったダメージは大きかったです。ポメラを購入したのは、そんな経緯があったからで、さすがにこのサイズなら無くさないだろうと。更に、腰痛持ちの自分にとって、PCの前に一定時間以上座ることは、ある種の拷問を受けているに等しいわけですから、腹這い状態でも文書作成が出来るのは有り難いのです。いくらアナクロまっしぐらの私でも、さすがにノートに下書きして、PCで打ち直すというプリミティヴなスタイルを実践する余裕はありませんのでドクロ

前述したフラッシュメモリ紛失以降のトイガンブログ用テキストは、総てポメラに頼ってます。とか言いながら、この文章はPCのキーをダイレクトに叩いてるわけなんですけどね。まあ適材適所ということで<ノートパソコン、買えよ…落ち込み

そして彼はゼロになった


10/9、友人が逝去しました。棺の中で眠る彼を前に、私はただひたすら感謝の言葉を掛けました。

自分にとって、今年4度目の葬儀参列でしたが、これまで訃報等はここでは極力控えるようにしてきました。今回敢えて話題にしたのは、故人の名前を本ブログにて何度か登場させたことがあったから…なのです。彼とは大学時代にサークル内で知り合い、かれこれ20数年の付き合いでした。毎年この時期、そろそろ暖かいコーヒーが恋しくなってきたなあと思うと、すかさず豆を送ってくれたり、自分が聴いて気に入ったCDがあれば、わざわざ同じものを買って送ってくれたりと、とにかく気配りを絶やさない男でした。彼とは決して共通の趣味があるわけでもないし、何故これまで交流を持てたのかは、正直今でも判りません。実際のところ、彼とはよく衝突したものです。それがきっかけでより深い仲になれたのかも知れませんね。月並みですが、端的に言えば『気が合ったから』、なのでしょう。互いの人格に惚れていたから…なのかな?上手く言えませんけど・・・・・。

彼には、メインサイトのトイガンコーナーにて、ホルスター装着モデルになってもらったことがありました。当時彼が筋トレに夢中になっていたこともあり、腹の出た自分の画像を晒すよりは余程見映えがいいから、と言う単純な理由からでした。ご丁寧に何着ものスーツを持ち込んでくれて、このホルスターの色や形状にはこのシャツとパンツだろうとか、自らコーディネートもしてくれましたね。彼のHNもその場で咄嗟に考えました。苗字に「梅」という字が入っているので、英語のPlumを捩ってプラムマイナスゼロにしよう、プラマイゼロでどうだ、ゼロはどうかな~とか何とか、適当に決まったと思います。毎月数百人ではありますが、更新が止まった現在でも、閲覧して下さる方がいるのはプラマイ君のおかげなのです。



e4f1a303.jpg





今年の1月、私は仕事で顔面に怪我を負い、その様を冗談半分で写メにして送信しましたら、数分後に彼から電話がかかってきました。まだ入院中なんだけどー、と伝えると、申し訳なさそうに慌てて電話を切りましたが、その頃彼は既に告知を受けていたようです。退院して10日後くらいに、何事も無かったかの素振りで突然やってきたので、私はてっきり見舞いに来てくれたものだとばかり…。『自分の力で会いに来られるのは、これが最後になるかも知れないから』と。とにかく二人して泣きました。以来覚悟をするようにはなりましたが、やはりあの時が一番辛かったですね。友人とは言うものの、彼の日常総てを知っているわけではありません。とにかく気丈な男でしたから、例え日々の生活において不満を持っていても口にするようなことはなかったので、私には彼が今一番何を望んでいるのか想像も付きませんでした。病気に対して無力なのは分かっていますから、せめて自分に出来ることは何かないのか?と訊くと、「今まで通りに付き合ってくれさえすれば…それだけでいい。」と言われました。その日は遠慮せずに泣かせてもらいました。ただその後も何度か彼の顔を見る機会がありましたが、あの時を境に私は涙を封印したのです。

彼は私の趣味に対しても理解を示してくれており、いつもWFの直前には激励の言葉をかけてくれたものです。今夏も当日にメールを送ったのですが、その時もこっそり関東に住む妹さんに、私へ差し入れするよう託けてくれたりと、気の利いたサプライズに驚かされました。実は前年にもサプライズを計画してくれていたようなのですが、その頃にはもう病魔に侵されていたようで…。病状を受け入れ、そして他人に打ち明けるまでに、相当の葛藤や踏ん切りが必要だったと思います。今の私には到底理解出来ないでしょうけど…。

彼が入退院を繰り返していたことは、もちろん本人から聞かされていたのですが、結局一度も見舞いには行けませんでした。と言うか、行かせてもらえませんでした。入院先の病院名を訊ねても、長い名前だから良く分からないとか何とかはぐらかされました。いくらなんでも、それは有りっこないだろうと思いましたけど、これが本人の意思なら尊重しようと、わざと嘘に乗っかりました。また、病気の話は他の誰にも伝えないでくれとも言われ…。気丈な性格ゆえ、弱っていく自分を見せたくなかったのでしょう。本当にアイツらしいな、と思います。私ならおそらく、生前に知り合った人と最後に会えるだけ会いたいと思うところでしょうが、彼は自分のスタイルを貫き通しました。とにかく若い時から、自分に厳しい男でしたしね。


やがて病気の進行と共に投薬の副作用も酷くなり、視力にも障害が出てきたせいで、唯一の交流手段であった携帯電話でのメールのやり取りも、遂にはおぼつかなくなってしまいました。今月の2日にこちらから送ったメールが最後となり、それに対する返事が来ることはなかったです。初めて病気の件を聞かされてから丁度8ヶ月、とうとう恐れていた日が訪れました。苦しみの先にある楽が死であるのなら、それも素直に受け入れるべきだと思いました。だって、もう彼が苦しまずに済むのですから。過度の励ましも、本人にとってはさぞ負担であったことでしょう。最期まで良く頑張ったよね、プラマイ君。どうかゆっくり休んでください。本当にキミは良き友人でした。ありがとう。

ファイト、一発!もしくは


27374768.jpg


烈風正拳突き!<怒られるぞ…困った。一応、横山先生原作、ダイモス繋がりってことでウインク

快晴に恵まれた日曜日、神戸市長田区の鉄人モニュメントがようやく一般公開となりました拍手。完成式典当日、2Gさんは私用のため止むを得ず不参加となりましたので落ち込み、今回は私の事実上の師匠であるK氏を含む、変則メンバーで見物することに。くじら軍曹さんのブログを拝見し、おおよその見当は付いていたものの、実際に見ると「よくもまあこんなデカいヤツを、街のど真ん中に建造したものだ」と、半ば呆れてしまいましたね。神戸市職員の人たちってスゴイ…クラッカー

関西地方ではここ最近天候が悪く、この日が来るまでは雨風に晒されていたんだろうなあと思うと(実際昨日今日と雨模様ですし)、ちょっと可哀想な鉄人でしたが、今後は更に自然ウェザリングが効いていって、どんどんシブくなっていくことが予想されます。で、K師匠が「除幕式とかはやらんのね」とか申されておりましたので、「いっそ今川版鉄人みたいに、包帯でグルグル巻きにしておいて、点火の合図で業火に包まれて、中から姿を現すってのも面白かったでしょうにねえ」とか不届きな発言をしたり、キャッキャと騒いでました鐘。と言うのも、商店街のアーケードの入り口と、式典台の丁度中央に陣取ったため、商魂逞しい店の方々の呼び込みの方が大きくて、式の模様が全く聞こえて来ず、少々退屈してしまったのでした(速水先生、ごめんなさいすいません)。アニメ放映時に、敷島博士の声を演じられた方も参列されていたようですけど、全く声が届かなかったです汗


424a4812.jpg

通路はJR側に向って(鉄人の左脇)の規制が厳しく、立ち止まって撮影しないで下さい!と言われましたが、怒られながらも一枚撮ってやりましたウインク。と言うか、翌日からは多分一旦停止はフリーなんでしょうけど…。




3a1c4681.jpg

んで、セレモニー終了後は、お約束の宴会。と言っても、昼間からビールとか、昼間から焼肉とかは、極道だ!とか思っちゃう人なのですが、まあたまには皆さんに合わせないと、と言うことで、嫌々ビールを飲みました乾杯<うそつけ、バカドクロ



713903a3.jpg
 
  
6ced3dea.jpg

今回巨大鉄人28号を見たせいで、久しぶりにスパロボGKが作りたくなってきましたね。数週間前から組もうと目星を付けていたキットがあったのですが、この勢いで何とか年内には塗装まで持っていきたいですOK。この画像は約10年前に組み立てた、速水氏原型の鉄人キット。巨大鉄人とポーズが似ているので勘違いされる方もおられるそうですが、全くの別物です。私の場合、このキットと出会い、K師匠と出会ったことが今のGKスタイルの始まりだと言えます。あの時どちらにも出会わなければ、もっと真っ当な道を歩いていたかも知れないのに…と、まあ半分くらいは思ってますけど~笑い笑い笑い

今頃スパロボ大戦Z

ここで書くのは何度目になるかは判りませんが、またまた腰痛さんがいらっしゃいました。いや、やんわりとですけど、年がら年中ずーーーーっと痛いんですけどね。ただ年に2~3回、酷く乱暴なタイプの方が訪問されるようで悲しい。その方が来られた日にゃ、落ち着いてPCの前に座ることさえ儘ならんのですよ。何しろ、お土産が「激痛」ですから落ち込み

腹這い状態での模型弄りにも限界がありますので、そんな時は大人しくDVDを観る、或いは本を読むしか選択肢は思い浮かばないのですが、クライマックスに差し掛かってから、半年間も放置していたこのソフトをプレイ再開することに…(もうすぐ発売から1年が来ますけど汗)。先週末から1日2マップを消化し、ようやくスパロボ系のみ完走出来ました。同シリーズはスーファミ時代からプレイしているのですが(OG除く)、「第2次α」以降導入された『小隊システム』になんとなく馴染めず、折角待望のイデオンが参戦していたにもかかわらず、「第3次α」はゲーム序盤でプレイを放棄、オークションにて売却してしまいました。ご存じでない方に説明しますと、例えば3機で小隊を組む場合、Zガンダムを小隊長に、Mk-?、百式で編成すれば、当然後者の2機が援護攻撃に回るので、メインであるZの活躍シーンとBGMが堪能出来るわけです。ところが、1作品から多数の機体が参戦しているMS系等はヨシとして、ビッグシューターしか仲間のいないジーグなどは、戦力を考慮すると2機では心許ないので、あと1機加えたくなりますよね。そうなると、単独で参加しているダイターンやゴーショーグンを編入させて一気に戦力アップを図りたい…ところなのですが、ダイターンを後方に配置すると、サンアタックは使えない、ダイターンのBGMは聞けないで、結局楽しさが激減してしまうのです。拘りのない人には、どうということはないポイントなのでしょうけどね。第3次αを早々とリタイアしてしまったのも、このシステムが気に要らん!というのが大きな原因でしたが、にもかかわらずバルディオスやオーガスを自軍ユニットとして使用出来るというので、懲りずに再チャレンジしてみたわけです。クリアしても、丸で爽快感を得られないのがこのシリーズの特色で、でもまた次回作を期待してしまう馬鹿な自分がいるのも確かですね。参戦ユニットの選択には必ず版元さんが絡んでくるので、複雑な大人の事情が発生するのは理解出来ますが、しばらく本シリーズからご無沙汰している、ダンバインやGガンを復活させて欲しいなーと思います。使い易いんだなあ、アイツらラブ<GガンはWiiのNEOに登場するみたいですけど

8acbba78.jpg

デコ星人

あ、デコ娘が成人です笑顔

二十歳になったから、というので、本人の希望通り居酒屋へ連れて行きました。甘いカクテルをストローで啜ってるところなんざ、まだまだガキですね。でもまあ、こんな親父の子供として、よくここまで成長してくれたものだと、ちょっとしみじみしました。これでも私は、一応人の親…らしいですウインク


c91d4736.jpg

あぁ、羨ましい

6badd1bb.jpg


昨晩は、友人F君のウェディング・パーティーに参加してきました。とにかく10歳も年下の奥さんを貰った彼に、軽い嫉妬心を覚えてしまいましたわ炎 自分にとっては、結婚なんて遥か昔の出来事ですけど、二人を見てると改めていいなあと思いましたね。きっと、今が一番幸せの絶頂なんでしょうな~。この幸福が、末永く続くことを祈ります<なんかヤな言い方笑顔
まあいずれ、鉄板とガスコンロ持って、大人数で押しかけてやるから覚悟しときなさい!ウインク
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
最新トラックバック
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ