荒鬼の人生ブローバック

好きに生きるって素晴らしい・・・ですね

サントラ

「KILLERS」のサントラ

cee3b959.jpg


もはや神懸り的なプロップチーム「BIGSHOT」のガンファイトシーンを堪能したいがために、何度も繰り返して観た「KILLERS」。当然のことですが、リピート鑑賞に付き物なのが、本人の意思とは無関係に耳に残ってしまう本編オリジナルスコア。5本のオムニバスに4人のコンポーザー(ミュージシャンというべきか?)が書き下ろした曲たちは、それぞれが個性を放っているとは感じたものの、これらを一枚のアルバムとして聴いた場合、果たしてどうなんだろうか?…いや、そんなサントラ出るわけないか…、あれ?出てたの?しかも6年も前に?困った

川井憲次の、それまで自己最長記録であったケルベロスのタイムを3分もオーバーしたという、演奏時間16分30秒の「50WOMAN SHOT」には、聴き応えよりまず呆れ返る方が優先するのですが、記念すべき東映Vシネマ第1号作品「クライムハンター 怒りの銃弾」にて、オートマグがジャムったせいで敢え無く爆死したハント・ケーシ(当時:ハント敬士)が「KILLERS」で手掛けた「CANDY」は、無意識に脳内で反芻してしまう一曲です。80年代グラビア系イメージビデオのBGMっぽくて、聴いてるとちょっぴり気恥ずかしくなるのですがウインク

予期せず検索に引っかかった今回のサントラ、実は公開時の劇場と東宝ミュージック・オフィシャルサイトのみでの販売だったのですよ。どうりで店頭で見かけなかったわけだ落ち込み しかし6年経っても、まだ在庫が捌けてないなんて・・・。東宝ミュージックに、ちょっとだけ貢献してしまったなあ笑顔

何度目かの「生きてて良かった」


人生の中で、生きてて良かったと思うことは多々あります。往々にしてそのほとんどが、他人からすればまったくどうでもいいことだったり、ごく些細なことだったりするんですけどね。自分だけが興奮していると、周りの人が怖がって声をかけてくれない、なんて場合もありますが、今回の「生きてて良かった」は深夜だったため、独り言のオンパレードでした<あぶねーよ困った


3fa20cd4.jpg


2年前、ここで映画音楽の作曲家である、ベイジル・ポールデュリスの訃報を伝えました。で、その時に「『アイアンイーグル』のサントラが云々」と書いたのですが、なんとポールドゥリス氏の死後、追悼企画の一環…かどうかは知りませんけど汗、VARESE SARABANDEから限定3000枚で、念願の単独スコア盤がリリースされたんです!!「『アイアンイーグル』のサントラは既発では?」と思われる方もおられるでしょうが、あっちはロックをフィーチャーしたコンピ盤で、純粋なオリジナルスコアは一曲も収録されていません。もっともコンピ盤収録曲も、劇中では「主人公の操縦時のお供」笑いとして使用されていましたから、サントラマニアでない方には、アレで十分満足な内容だったかも知れませんけどね。

たった8分しか収録されていないのに、相場は2万だの3万だのするというプロモ盤を(ポールドゥリス3作品のコンピで、「アイアンイーグル」は組曲として1曲のみ収録)無理して買わなくて良かったです<実際はそこまでの思い切りはない落ち込み

67e19e1f.jpg


とりあえずメインタイトルがいつでも聴けるようになった日常に、この上ない喜びを感じているのですが、実はこのアルバム、昨日今日出たものではなくて、もう4ヶ月も前に発売されてたんですよねダメ。ビデオも劣化しちゃってるし、この際DVDに更新してやろうと、たまたまでネットで検索してたら、思わぬソフトが偶然ヒットしたというわけで。在庫が残ってたから良かったようなものの、もう数ヶ月も気付かないままだったら、何度目かの「オレのバカ!死ね!」になってたかも・・・ドクロ

f8c64785.jpg

これが本編のOP。随分とあっさり目の映像ですが、このシーンにベイジルのメインタイトルが被ってしまったばかりに、私には忘れられない作品となってしまいました。

バロムのミューコレ、出た!

放送35周年を記念して、待望の「超人バロム・1」単独サントラアルバムがリリースされましたウインク コロムビアの特撮ミュージックコレクション自体が久しぶりなので、嬉しさも倍増・・・と言いたいところなのですが、不満がないわけでもありません<またかよ汗

同社の「特撮ヒーロー サウンドグラフィティ」が発売された頃に存在した第1回録音分のマスターが、追加録音分の発見と入れ違う形で、なんと行方不明に落ち込み。サウンド~の商品マスターのコピーで、未発見曲を補うことに問題は感じませんが、それに引っ張られたのか1トラックに複数曲を収録するなんてのは、正直頂けません。10年前ならまだしも・・・。今時カセットテープを編集するユーザーなど、ほとんどいないでしょうしねぇ落ち込み

ようやく陽の目を見た(もしかして偶然テープが発掘されただけなのかも?)単独アルバムなだけに、ちょっと残念に思いました。まあその点を除けば、聞き覚えのある曲は総て網羅されていますし、最終話のみに使用されたアクションBGMまで収録されていたのは涙ものでした<先日、丁度最終話のDVDを観たところだったので

この調子で「変身忍者嵐」「ロボット刑事」「宇宙鉄人キョーダイン」のミューコレが実現したら…それを信じて力強く生きていきます、はいまる<どっちかとゆーと、私は菊池先生派なんですわいラブ

コロムビアでは、今後「特撮ヒーロー サウンドグラフィティ」の改訂版なるCDを出すそうですが(どう改訂されるのか興味津々)、更にエターナルのスペシャル版で「仮面ライダー&仮面ライダーV3」も予定されているようなので、大量に未商品化BGMが発見されたのでしょうか?ライダーの第6回録音分が遂にリリースされるのでは?と想像するだけで身体が震えてきます!コロムビアさん、是非頑張ってネ!但し、トラックの頭出しは必ずお願いしますよOK

5bfc785a.jpg

眠れぬ夜に

暑っ苦しい夜に、暑っ苦しい曲を聴いてどうするんだ?って感じなんですけど落ち込み 二日酔いの朝に迎え酒みたいなモンですね。実際、余計眠れなくなっちゃいますが・・・。

ecff7242.jpg

今頃12年も前のCDを買ってること自体どうかしてますけど、「どうせ最近DVDでも観たんだろ?」と思われた方、正解ですウインク 私のことを良く分かっていらっしゃるOK
女必殺拳シリーズは、いわずと知れた菊池御大が手掛けられているのですが、最終ブロックに収録されていた八木正生氏の「華麗なる追跡」が意外に良くて◎まる 高島氏が、まだバリバリで企画構成に当たっていた頃のサントラですね。

今月25日に、あの宇野誠一郎作品集や猿の軍団ミュージックファイルをリリースしたSOLIDRECORDS(ウルトラ・ヴァイヴ)から、待望の「フラワーアクション 009ノ1ミュージックファイル」が遂に発売ラブ おまけに「野獣死すべし-復讐のメカニック 野獣狩り」のカップリングまでびっくり 高島さん、VAPの末路みたくならないよう頑張って下さ~い。

誰か買いなさい!

そして私に貸すのです<だってハズシ度高そうだし困った

a842572a.jpg






黄色い手袋X~幻の漫画ソノシート
主題歌コレクション











599d134f.jpg






The Best of Maureen McGovern
これは自分で買いますウインク

フラワーアクション、再放送求む

6b7eb82a.jpg


折角サントラ買ったのに、気がついたら番組、終っちゃってましたね。うーん、とにかくナインワンのアフレコだけはサイコーでした<ほとんど観てなかったくせに!
近所のレンタルショップにはDVDを置いてなかったので、CSで放送される日をひたすら待つことにします。

ナインワンの人は、03年の「CHAOS」以降写真集を出してないのだけど、もうグラビアとかは卒業したのだろうか。ちと寂し・・・<独り言です、無視して下さいカエル

さらばポールドゥリス

ネットを巡回してて知ったのですが、「ロボコップ」「レッドオクトーバーを追え!」「スターシップ・トゥルーパーズ」等の劇中スコアを担当したベイジル・ポールドゥリス氏が亡くなられました。ベイジルと言う呼び名が定着したのは「ロボコップ3」以降で、それまでパンフレットやチラシには「バジル・ポレドウリス」「バジル・ポールドウリス」「ベイジル・ポールダウリス」「ベイジル・ポレドーリス」等々、映画会社や配給会社によって統一性のない書かれ方をしたり(日本語活字にし難いのは理解出来るんですけど落ち込み)、そんな不遇の時代もありましたが、「沈黙の要塞」の頃にはすっかり中堅の位置を確立し、私の中では「決して外さない作曲家」として認識されたものでした。輸入盤取扱店を探し回って、「ノーマンズ・ランド」と「若き勇者たち」を見つけた時は嬉しかったなあ。
バーンスタインやゴールドスミスは他界してしまったし、ジョン・ウイリアムスは優等生なスコアしか書かなくなったし、ジェームズ・ホーナーはすっかり鳴らし系から手を引いてしまったし、もうポールドゥリスに頼るしかないと思っていただけに、非常に残念です悲しい

ポールドゥリスと言えば、「アイアンイーグル」と何の迷いもなく答える私ですが、惜しむらくは当時の流行でサントラアルバムはボーカルオンリーのものが多く、これも例外ではありませんでした。2機のF-16戦闘機が雲を切り裂いて飛ぶタイトルバックに、延々と流れるオープニングテーマは、本編のトホホぶりに反し、希望を感じさせる実に勇壮で爽快なスコアでした。聴いているだけで元気が出てくる、そんな曲でした。同じスカイアクションものの「イントルーダー」も同じく正規単独アルバムが出ておらず、「アイアンイーグル」とのカップリングでプロモ盤として、少数のみ市場に流れたようですが、極たまにネットオークションで出品されていても万を超えており、悲しいかなとても手が出ません。今こそ追悼盤として、どこかの奇特なメーカーからリリースされないものでしょうか・・・・。

最後の作品は「レジェンド~三蔵法師の秘宝」だそうですが、失礼ながら本作は未見のうえ、音楽も聴いていません。機会があれば、是非氏の遺作を堪能したいと思っています。

ほんとかよ!

『ゲゲゲの鬼太郎』のサントラリリース情報に精神を激しく乱されてからは、もう多少の事では驚かないつもりでいましたが、さすがにここに来て『どろろ』とはびっくり 冨田勲氏の名前を見るまでは、正直信じられませんでした。マスター音源が残ってたんですね~。コレも全て映画化のおかげと言わざるを得ませんが、ホント今は一体何年なんですか困った

コロムビア サウンド・アーカイブス・シリーズ どろろ

更に追い討ちをかけて私を骨抜きにしてしまったのが、↓

妖術武芸帳 オリジナルサウンドトラック

だから~、今って昭和じゃないよねロケット

耳に御馳走

今日、帰宅して玄関を開けたら、さして大きくもない小包と目が合いました。???最近はネットで買い物もしてないし、オクで落札した記憶もない…。またしてもマーミットの意表をついた攻撃か?にしては、小さ過ぎる。送り主を確認すると、なんとAmazon。届け先欄には娘の名前が書いてありました。本人に訊ねると、携帯からサイトにアクセスして注文、支払いはコンビニで済ませたのだとか。え?そんなこと出来るんですか?ちっ、現代っ子の順応性には敵わねーや<自分が時代に乗り遅れてるだけです悲しい

先日、HMVから届いたCDは以下の3枚。結局、一番欲しかったE.S.ポステュマスのアルバム「UNEARTHED」が足を引っ張って、到着を遅らせたわけですが、待った甲斐はありました。今のところ、毎晩聴いてますが、まだ飽きてません。「コールドケース」のメインテーマ目当てで捕獲を決めたのですが、その他の収録曲は映画の予告編に使用された楽曲ばかりのようで、いくつか耳に覚えがありました。多方面で、「『エニグマ』に近い感じ」と評されていますが、エニグマ自体が何のことだか私には分からないので、それはそれでいいですウインク
5ed66794.jpg


デスペラード」は、映画そのものがメチャメチャラブなので(だったら、何故今までスルーしてたんだ)買ってみました。ホントは、リストから「パラダイス・アーミー」のサントラを見つけ損なったので、予備としてチョイスしたまでですが音符。作品自体のインパクトが強過ぎて、音楽の印象は希薄だったのですけど、マリアッチの歌だけは単独で聴いてみたいと思ったもので。
3a2b908c.jpg


サボテンブラザース」は、知る人ぞ知る快作です。スコアは、なんと御大バーンスタインですよ、アナタ!コメディーとは思えない(一応ウエスタンですけど)、鳴らし系のテーマが秀逸なんですよね。音楽メニューには不可欠な、主人公側と敵側のテーマ、情景、日常などが、ほぼ本編の使用順に収録されているのがニクイです。発売まで随分待たされましたが、今頃になってリリースされるってことは、未発売の他の作品も諦めちゃいけませんね。
9ee4bbda.jpg

真夜中のお友達

世の中には、別々のことが同時に出来る、器用な方々がおられます。俗に言う「ながら」ってヤツですが、私にはせいぜい「飯を食いながらテレビを観る」くらいしか技がありません。毎朝、通勤中に「歩きながら単行本を読んでいる」人と出くわすのですけど、それは「自転車に乗りながら携帯メールを打つ」のと互角、否、それ以上のハイテクニックかも知れません。

今に限ったことではありませんが、夜な夜な粘土の塊を削ってたりすると、どうにも淋しくなって無意味にテレビをつけたり、映画のソフトを再生してみたりするんですが、やはりどちらかが疎かになってしまい、本末転倒になってしまいます。メインは工作なのに、つい集中してはいけない方の画面を見入ってしまったり、結果として工作は進まず、映画は内容が良く分からないままエンドロールへ…。模型工作は、計算したり暗記したりする必要がないうえ(時には重要ですけど)、指が過去の作業を覚えているので、視覚的な障害が入らなければ、集中力は維持出来るわけです。つまり、いくら不器用な私でも、「音楽を聴きながらナイフの刃を走らせる」ことくらいは可能ってことですね。あ、「工作しながら音楽を聴く」のが正しいのか…落ち込み

CDチェンジャーが搭載されていないプレーヤーでは、ディスクの交換も面倒なんですが、今回の製作中で使用頻度が高かったのが、「黄金の7人/続・黄金の7人」のカップリング。とにかく「耳に優しい」と言いますか、ヨーロピアン・テイスト溢れる楽曲は、聴くと言うより聴こえてくるといった感じで、全く工作の邪魔になりませんでした。ヤマタケ・ルパンのルーツはこれか?と思えるほどの、ファッショナブル・サウンドです。メインテーマは、最近ORIXのCMでも使用されてますね。

da220877.jpg

いつぞやも書きましたが、現在ウチには、部屋の一角を占拠するくらいの、大量の借り物サントラがありますゆえ、選曲に悩むということはありませんでしたけれど、中でも「鳴らし系」が工作意欲を高揚させてくれました音量。特にJ・ホーナーの「クルール」や「ウィロー」にはお世話になりました。他には「スターシップ・トゥルーパーズ」「少林サッカー」、それと「Uボート」と「ビッグ・オー」も笑い

まあそれが、どれほど効力を発揮して、原型製作にどれだけ影響したのかと言うと…、大して変化なかったね<あいたたた~ 走る
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
最新トラックバック
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ