85caf687.jpg


10年周期くらいで、突然見たくなる時があるんです、『ウルトラマン』。日本特撮界(こーゆー表現が正しいのかどうか)における、エポックメイキングである作品に関して、敢えてこれまで一切触れてきませんでした。断片的に語るのは簡単ですが、特撮作品一本を総評する力量は自分にはありませんね。特にウルトラマンは別格ですから。

とりあえず私はリアルタイム世代ですが、今観直しても新たな発見はあります。でも当時に刷り込まれた想い出には勝てません。文献による受け売りは今更必要ないでしょうから、本当に「ウルトラマンなんて知らない」という方は、まず観て頂いた方が早いですね。

レンタルショップに行けば、いつでも観たい時に観られるという有り難い昨今ではありますけれど、今回は偶然「そこに売っていたから買った」のでした。後半より、どうしても初期エピソードの方に愛着が沸く、というか、印象深いですよね。やはり自分にとってのウルトラマンは、Aタイプマスクが活躍する前半なんですよ。

とゆーか、今自分が見なきゃならないのは、多分 キカイダー だと思うんですけど困った