とにかく最近は「カヴァー(cover)」という言葉を良く聞く。カヴァーと聞いて、真っ先に連想する「覆う」とは違った意味合いで使われているようだけど(Wikiによれば『ポピュラー音楽の分野では、過去に他のアーティスト(演奏家・歌手など)が録音した曲を演奏・歌唱して発表することである。元は代役を意味する言葉であった。』となっている)、「カヴァーされた側」は不快な想いをしないのだろうか、とか余計な心配をしたりするんですが・・・・。その昔、「本命盤」と銘打って再演奏されたスクリーンミュージックのレコードは、今思えば結構失礼なレーベルだったなあと。カヴァーが本命とはこれ如何に、ってなモンです笑い


7fed57c6.jpg

プラマイ君オススメの…否、オススメというより、強制送付されてきた1枚ウインク。これもカヴァーで構成されたアルバム。本人プロデュースによる新曲も収録されてます。大学生の頃、角松敏生を聴いていると言えば、ちょっと大人びた匂いがしたものですよ。とゆーか、聴いてるのはみんな気取ったヤツみたいな、ネまる。実際自分の中では、杉山清貴とかTMネットワークとかと同類に扱ってましたけど、今はバラードを歌っても嘘臭く感じない年齢になられてます。あ、近頃ではバラッド、って言うんでしたっけOK




7f0551cc.jpg

「Crazy for you」は、何故かシングルのみが売り切れ、仕方なしにDVD付を買いました。通常版とはジャケが異なっていて、レジへ行くのが少し躊躇われました。オッサンには気恥ずかしい写真ですしドクロ。これもAshley Robles の『Fallin' For You』という曲のカヴァー。そんなのどこにも書いてないし、どこかで聞いたこともない。いや、音楽番組なんかほとんど見ないので、単に知らなかっただけなのかも汗。世の中には自分と同じ疑問を持つ人が沢山いて、聴き覚えのある曲は直ぐにQ&Aにかけるというケースが日常化してますから、あっという間に解決したと。確かに聴いた記憶があったように思ったんですけど、原曲タイトルには全く覚えがありませんでした落ち込み。気のせいだったのかな。あ、おまけ程度に考えていたDVD収録のPV、結構良かったです<どこが?何が?ラブ

fea93328.jpg