e6a156b5.jpg


このGW、昨日から人並みに休日が取れたので、息子と観に行ってきました。スパイダーマンファンには申し訳ないのですけれど、正直なところこのシリーズには余り思い入れがないので、前2作の細かいシーン等はほとんど忘れてしまってたわけで・・・落ち込み。大まかなストーリーさえ知っていれば問題ありませんが、友人の同行や、お子様を連れて行くのが動機で劇場に足を運ばれるという方は、事前に予習、または復習された方がより楽しめると思いますよ。

今回、特報や予告編で「自分との戦い」が強調されていましたが、確かに本作は『スパイダーマンの成長物語』としては完結編と言えるでしょう。あれこれ詰め込みすぎた感は否めませんが、娯楽作としては「金を払ってもちっとも惜しくない」仕上がりになっています。本作の目玉であるモンスター教授ヴェノムに、サンドマンとニューゴブリンも絡んで、敵側はかなり凶悪な布陣となる訳ですが、後半は形勢に変化があって、2対2になってしまうところが、ヒーロー好きの私には堪りませんでした。なんとなく、サム・ライミの優しさを感じる演出でしたねラブ

ところで、クレジットに「ブルース・キャンベル」の名前を見つけたんですけど、どこに出てたのかな~汗