26673b9e.jpg


これで一旦打ち留めにしますね。でも、ピリオドを打つつもりはありませんから(←ボトムズネタ)。
ザ・ラスト・レッド・ショルダー』。このソフトは、只今上昇中の私のボトムズ熱を、更にヒートアップさせる結果になりました。貸してくれた人の狙い通りに事が運んでるようで、何だか悔しいんですけど落ち込み。このビデオはリリースされた当時に観た筈なんですが、その時はブラッド・サッカー目当てなだけだったし、ストーリーもチンプンカンプンでしたけれど、今回は展開も理解出来て、存分に楽しめました。STTCのキットが欲しくなってきた、と言ったら益々思う壺だよなあ落ち込み。無理だとは分かっていますけど、全話に渡って塩山作画でリメイクされたTVシリーズが観たいですよねえ。

過去のエピソードやアナザー・ストーリーを描く場合に起こりがちな、「つじつまの合わないシーン」が、この作品でもやはり見受けられました。本編で、キリコとフィアナが戦艦でバララント空域を航行中、モニターにレッド・ショルダーの残虐な一部始終が映し出されるシーンで、フィアナがポツリと「レクチャーにあったわ」と吸血部隊の「存在だけは知っている」、みたいな口調で言うんですけど・・・このビデオ作品では、レッド・ショルダーの前線基地に足を踏み入れてるんですけど。しかもペールゼンと会話まで交わしてるんですけど笑い
スター・ウォーズやガンダムに限らず、どんな作品でも後付設定には無理があるってことなんでしょうね。<こんなシメでいいのか?