6aff99f2.jpg

この年末のクソ忙しい時期にもかかわらず、観てきましたよ、『シルバーホーク』。そもそも、悪いのはこのクソ忙しい時期に公開する方であって、何も好んでクリスマスにオッサンが肩を並べて来館したわけじゃあありません(ココ強調)。下手すると、新年を迎えてマッタリしてる間に終了、てことも考えられるほどマイナーな作品だったため、公開2日目にして慌てて足を運んだのですが・・・。さすが大阪のスラム街(敢えて地名は伏せておきます笑顔)、本編を鑑賞する前に劇場そのものにド肝を抜かれ、もう映画などどうでも良くなってきましたよ笑い。全席指定だの、総入替制だのは「おとといおいで」なストロングスタイル笑顔と、昭和のテイストを味わいながら、その独特のムードに心が和みました。いいよな~、こーゆー映画館って。

おっと、肝心の作品評なのですが、個人的には退屈せずに楽しめましたよ。元々ヒロイン・アクションを観る!ってのが目的だったんですから、期待していなかったストーリーが結構まともだった分、悪い印象は残りませんでした。シルバーホークの、出動毎にロングとショートのパンツを交互に履き替えるといったサービスラブ(使い分ける意味がイマイチ理解出来んが)と、敵女幹部(?)のホットパンツに網タイツで暴れ回るシーンに大満足(私の評価基準って、そんなもんです)。もっと深く抉ったような感想は、掲示板にて2G氏が書いてくれると思いますので(オイオイ)、期待して待ちましょうウインク

上のイラスト、ミシェル・ヨーをモデルにしたわけではなさそうだし、完全なイメージイラストになっとりますが、良く見ると右上に作者のサインが入ってて・・・何か見覚えのある字体だな~と思ったら、『仮面ライダーSPIRITS』等でお馴染みの村枝賢一氏によるものでした。劇場ではパンフは売られておらず、このイラストが掲載されたプレスシート(?)のみが、いわゆる関連グッズなのでしょうね。しかも見たところ、コレ買ってたの私だけだったし落ち込み

シルバーホーク公式サイト