e78a073c.jpg


これが先日の、シレーヌみたいなエンブレムが掲載されていた、懐かしのMSVハンドブック.2です。所謂オラ設定の原点ですね。当時は、まさか模型雑誌の作例でしか見たことがなかった派生型までキット化されるとは、夢にも思いませんでした。バンダイの逞しさを思い知ると共に、モデラーにとっては自由な想像力を掻き立てられるシリーズでした(大河原先生にとっても、この頃が絶頂期だったでしょう)。ゲルググの肩にガンキャノンの砲を強引に接着したり、リックドムにザクと同じ位置に動力パイプを配置したりと、いやはや、好き勝手に遊んでましたなあ(恥かし~困った)。とはいうものの、今でも似たようなことを狙って工作してる向きはあるので、オツムはちっとも進化してませんけどね。

ちょっとブログのスキンを変更してみました。こんな中途半端な時期に…。もう少し節目を考えりゃ良かったかな。私の日常って、何でも「見切り発車」「思いつきで行動」なんですよ落ち込み