昨日は人並みに誕生日でした。本人が意図しなくても、一年に一度、勝手に向こうからやって来るので防ぎきれないわけですが、さすがにこの歳になると「今更誕生日なんてめでたくも何ともない」という感覚を飛び越えて、「今日まで生きて来れたことに感謝しよう」と思えてくるのですよ。まあそういった心境そのものが、歳を食った証なんですけどね。なので、昨日は家族はもちろんのこと、親兄弟、友人に至るまで、自分を取り巻く総ての人に心の中で手を合わせました。偉いよなあ、オレってば<コノヤローウインク

3c2905e7.jpg


でもって、何故轟天なのかというと、この「海底軍艦」という作品、実は私と同い年なのです。最近改めて観直したのですが、とても40年以上も前の作品とは信じ難い!デザインはもとよりミニチュアやセット等、その細部の緻密さ精密さ・・・いや、発想そのものに驚愕しました。やはり日本特撮はこうでなくっちゃ!CG合成に頼らない(尤もそんなの絵空事の時代でしたが)手作りならではの素晴らしさが伝わってきて、感動すら覚えましたね。日本人に生まれてきて良かったな。

65b93fdd.jpg


子供たちからのプレゼントは↑(海底軍艦とのギャップあり過ぎだろ・笑)。「何かDVDでも1枚…」と言ったらコレでした。うんうん、とうちゃん、大切にするよ悲しい。家内は「塗装ブース」を買ってくれるらしいのですが(別に欲しくないけど、なければ塗装が出来ないので)、いっそアリイのUFO基地軍団とか頼めば良かったかな~。自分で買うには、かなり決断力いるし笑い