49e0c551.jpg
「自爆王特選映画」認定作品です拍手。惜しむらくはDVD化がされていないこと。さあ皆さん、署名するのです!そして実現の暁にはレンタルするのです!(買わないのか?)

再三に渡って掲示板上で薦めてきたんですけど、具体的にどこがどうイイのかと尋ねられても、掻い摘んで説明するのは難しいです。とにかく観て下さいという他ありません(適当で申し訳ないのですが)。ただ「蚊喰鳥」という言葉をご存じない方は、ひょっとしたら「蚊を貪り食う異形の猛禽類」を想像されるかも知れませんが、実はコレ「蝙蝠」の別称なんですね。なら異常発生した蝙蝠が人を片っ端から襲うとか、巨大な蝙蝠が人間の生き血を吸いに夜な夜な現れ、噛まれたその人間もまた蝙蝠になる…といった内容でないことだけは確かです。何しろ時代劇ですから、西洋テイストは微塵も感じません。画像を御覧頂ければ一目瞭然です。何やら楽しそうな表情を浮かべている人さえいるじゃありませんか。これってホントに怪談なの?と訝しく思われる向きもありましょう。一般的に怪談といえば、怨念や呪いといった人間の業の深さを全面に押し出した作品が多いのですが、本作は情念と物欲が骨子となって、幽霊の存在は全くの添え物扱い。強欲に憑かれた人間は、あの世のモノより恐ろしいということを思い知らされる映画です。とにかく船越英二の演技が圧巻であります。もし機会がございましたら、是非御覧下さい。

あらすじはコチラ