荒鬼の人生ブローバック

好きに生きるって素晴らしい・・・ですね

2010年02月

ジラァ~ス





IMG_3689

 

エクスプラスさんのジラース・レジンキャストキット版。先々週くらい(いや、もっと前か?)に届いてたのですが、色々とバタついてたもんで、箱を開けることさえ出来ませんでした。まあ箱を開けたところで、ほとんどのパーツが個別に過剰梱包されてますから、「よし、組むぞ!」と決意するまでそのままにしときますけど。なにしろ緩衝材が多くて、全パーツを取り出したら、箱に元通り収めることが不可能になっちゃうもんで…。

自転車で映画①

 

去年の秋頃だったでしょうか。自宅から徒歩でも行ける距離に複合商業施設が出来、その4階フロアにMOVIXが入りました。オープンの賑わいが一段落するまで待とうと思ってたのですが、今となっては逆に「この観客数で大丈夫なのか?」と、要らぬ心配をしてしまうほどチケット売り場は穏やかな空気を放っていたので、人ごみ嫌いの私には打って付けでした。毎木曜はメンズデーという、中々魅力的なサービスも用意されているやらで、今後も大いに活用させて頂く事にしましょう。








gs1


 



『ゴールデンスランバー』

 

以前ここで原作本に触れたことがあるので、その文章を再読して頂けると有り難いのだが、映画を観終わった最初の感想は、「良く頑張ったなあ」というものだった。登場人物が多岐に渡り、加えて無数のプロットが交錯するので、失礼ながらきっと映画はグダグダになるのだろうと想像していた。要所要所を押えつつ、ストーリーに直接関連しない箇所は端折られ、退屈するシーンもほとんどなく、上手く纏められていたように思う。強いて言うなら、原作の台詞をダイレクトに流用した部分が多かったため、台詞のみが生かされたものの、その言葉が形容するシチュエーションは映像化されなかったという、若干の辻褄の合わなさを感じた。主人公が宅配ドライバーで、同僚が毎日同じ時刻に同じ道を通るのを知っていて、それを逃走に利用するというファクターは、原作の「習慣」という重要キーワードに直結するので、是非残して欲しかったものである。

 

あと、少々ネタバレになるかも知れないが、映画は原作の結びと同じように締められており、いわゆるハッピーエンドとなっているのだけれど、原作では前半部に、事件後の関係者それぞれを死亡や失踪とすることで、政府機関のきな臭い裏事情を描いていた。映画のみを御覧になられた方は、鑑賞数時間後、もしくは数日後に「何故主人公は犯罪者に仕立て上げられたんだっけ?」と思い起こすかも知れないが、もちろん劇中で真相は明かされることは無く、また肝心の原作においても、そこは「書くと非常に危険な部分」なので有耶無耶にされたままである。首相が暗殺された理由も、一切語られず終いだった。

 

原作を先に読んでから観た映画は、スティーヴン・キングの「ミザリー」(古っ!)、最近では奥田英朗の「サウスバウンド」ぐらいだが、巷で言われているように『伊坂幸太郎原作の映画は、どれも忠実に映像化されている』のは、この「ゴールデンスランバー」も例外ではないため、先にビジュアルに触れてしまった人が、後で活字を読んでもさほど映画の印象が変わることはないと思われるので、特にお薦めはしないでおく。タイトルにもなっている「ゴールデンスランバー」は、ご存知の方には説明不要であると思われるビートルズのナンバー。本曲が収録された「アビーロード」が昨年デジタル・リマスターで復刻されたそうだが、これはただの偶然なのか、それともアルバムリリースを待って制作に踏み切ったのか…関係性は中々興味深い。

 

ファンクとジャズファンクは違うの話

 

ベタな話題で申し訳ないんですけど、コレって最近まで知りませんでした。いやホント、真剣ですって…。レコード屋さん(敢えてそう呼んじゃいますが)には、もっとジャンルを細分化して陳列して欲しいです。もちろん、ド素人のために。2G邸よりファンクCDを何枚か拝借してきましたが、その中の何点かは間違いなく某有名ショップのジャズコーナーに置かれているんですよね。実際に聴いた感じでは、フュージョン寄りな気もしますけど。でもウェザー・リポートなんか、モロにジャズ棚だしなぁ




top01


 

タワー・オブ・パワーの『イースト・ベイ・グリース』。私の知る2Gさんの好みではないように思えたので、この手のアルバムを持っていたのは意外でしたけど、コイツは良かった! ジャジーなスパイスもあちらこちらに効いてますよね。そうか、これがファンクなのか。いやいや、全然判別出来てないんですけど

 

 

 

 

 

 jism01





jamc01




ジミースミスの『プレイズ・レッド・ホット・ブルース』とケニー・バレル&ブラザー・ジャック・マクダフの『クラッシュ!』。 以前頂いた小川さんのコメから、ジャズファンクの輪郭がぼんやりと浮かんだのですが、黒い人のオルガンメインの曲が発祥と考えていいのでしょうか?いかん、ドンドン深みにハマっていくわい

livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
最新トラックバック
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ