荒鬼の人生ブローバック

好きに生きるって素晴らしい・・・ですね

2007年05月

伴チャンのマグナム


79931c45.jpg

バトルフィーバーJ』第34話の1シーン。前話にて登場した2代目バトルコサック=神誠の実質的な紹介編にあたります。彼は殺された弟の仇を討つべくスタンドプレイに徹し、メンバーの知らないところで独り射撃練習をしている、といったシチュエーションなのですが・・・こんな銃で敵を倒そうと言うのですから、困ったモノです。つーか、先に自分が逝ってしまいますよ困った

0e4a2ae6.jpg

オートマグにハイパトのバレルを強引に移植!しかもエジェクターロッドまで!!本体が44マグナムなのに、バレルは41マグナムですよ!凄いぜ、伴チャン!(コクサイのハイパトなら357だよなあ落ち込み) 他のカットを見る限り、オートマグはMGC製ではなく「タカトク(マツシロ)のSSオートマグ」のようです(もちろん電着火式なので、BLKはしません)。

最終的には一番↑の画像のように、M29のバレルに取り替えるのですが(簡単に交換可能な構造も素晴らしいウインク)、このフィールド・ストリップのカット、独軍のアレに見えませんか?子供は騙せても、大人は騙せないぞ!<バトルフィーバーは子供向け番組ですドクロ

f3b41a33.jpg


黒い天使


464e3167.jpg

怪しげな赤い目が気に入ってしまいました。こーゆーストラップをぶら下げてる歳でもなかろうに…落ち込み

30年ぶりのビルドアップ


9ba0f701.jpg


正確には31年ぶりでしょうか・・・。
柔らか頭を持たない自分は、どうも最近のアニメにはついていけなくて。このところ「ダンクーガ・ノヴァ」「ライディーン」とリメイクが相次ぐスパロボアニメですが、プリミティヴ脳の私にも、コレにだけは最後までついていけそうな気がします。

76年の「鋼鉄ジーグ」の正統な継承作(安田達矢版コミックの続編という説も)で、前作の50年後の現代に、封印されたはずの女王ヒミカ率いる邪魔大王国が復活するというストーリー。リデザインされているとは言え、敵味方問わず旧作のキャラクターがバラバラババンバーン!と登場するのが嬉しいところです。主人公がサイボーグで、変形してロボットの頭部になるという奇天烈な設定がオミットされてしまったのは少々悔やまれますが、不条理な合体や変形に納得しない現代人の視聴を考えると致し方ないのかなあ、って…この手のアニメ、若い人が観るんですか???


89e2e004.jpg

この人がビルドベースの司令官。まさかの旧ヒロイン・ミッチー・・・シワクチャだ困った。アニメとは言え、かなり残酷な仕打ちでありますなぁ悲しい


2bcdd6b5.jpg

本作でビッグシューターを操縦する元気ハツラツっ娘は、旧ヒロインの孫という設定。


今回のジーグは旧作でお馴染みだった武器に加え(ジョイントの構造が同じだとゆーことで、旧ジーグパーツも換装可能!)、新たな必殺技も備えています。またオプションの兵器群も、前作を踏襲しつつパワーアップが図られていて、ジーグバズーカなどは、ジーグの全高を遥かに越す凶悪ぶりですウインク

鋼鉄神ジーグ」WOWOWにてO.A。

MSV大量捕獲


34937031.jpg


ほらまた、もお~・・・。作りもしないくせに買っちゃうんだから<しかもザクばっかしぢゃねーか困った
自分で自分を修正しなきゃいかんな、こりゃアウト

大体、「そこにあるから」いけないのであってですねえ。見つけたら買わんわけにいかんでしょーが!

ワシが立ち寄らなさそうな店で売れよ、ボケ!<誰にカラミたいんだよ、キサマ落ち込み

スパイダーマン3


e6a156b5.jpg


このGW、昨日から人並みに休日が取れたので、息子と観に行ってきました。スパイダーマンファンには申し訳ないのですけれど、正直なところこのシリーズには余り思い入れがないので、前2作の細かいシーン等はほとんど忘れてしまってたわけで・・・落ち込み。大まかなストーリーさえ知っていれば問題ありませんが、友人の同行や、お子様を連れて行くのが動機で劇場に足を運ばれるという方は、事前に予習、または復習された方がより楽しめると思いますよ。

今回、特報や予告編で「自分との戦い」が強調されていましたが、確かに本作は『スパイダーマンの成長物語』としては完結編と言えるでしょう。あれこれ詰め込みすぎた感は否めませんが、娯楽作としては「金を払ってもちっとも惜しくない」仕上がりになっています。本作の目玉であるモンスター教授ヴェノムに、サンドマンとニューゴブリンも絡んで、敵側はかなり凶悪な布陣となる訳ですが、後半は形勢に変化があって、2対2になってしまうところが、ヒーロー好きの私には堪りませんでした。なんとなく、サム・ライミの優しさを感じる演出でしたねラブ

ところで、クレジットに「ブルース・キャンベル」の名前を見つけたんですけど、どこに出てたのかな~汗
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
最新トラックバック
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ