荒鬼の人生ブローバック

好きに生きるって素晴らしい・・・ですね

2006年12月

夢買います


私が言うと、何か「京都買います」みたいですけど、別に無理やり特撮ネタにリンクさせようとは思ってません。いつもそんなことばっかし書くと思ったら、大間違いだぞっ!びっくり

正確には過ぎた日の出来事なので、「夢買いました」が正しいです。ほら、年末ジャンボの販売は20日までだったでしょ?毎年恒例って訳じゃないし、今年はどっちかっちゅーと総じて目の良くない年だったんですけど、偶然宝くじ売り場の前で最終日であることを知ってしまったことと、たまたま手元に現金があったことが重なっただけなんですけどねぇ。欲を掻くと大損する経験は、イヤと言うほど身に染みてるわけですが悲しい。大体宝くじって、発表までの間、色んな妄想して楽しむために存在してるような気もするんですよね。束の間の夢を与えてくれる事だけでも感謝せねば。

宝くじさん、ありがとう。ボクはもう、それだけで十分です。だからお金お金とか堕落させるようなモノは与えないで下さい。1億とか当てないで下さい。
真っ当なフリして書けば書くほど、腹の奥底で欲望が渦巻いてることがバレてるような気がするが・・・。どうせ天には届くまいウインク

もう書くのもヤなんですが…

今日は誕生日でした。昨年も同じよーなこと書きましたけど、年々この日が来るのが憂鬱になってきますねえ悲しい ま、一応記録して書いときますよ。

昨晩2Gやんと長時間に渡って、ウダウダウダウダと建設的な話をしてたんですけど、敢えて誕生日の話をしなかったのは、「じゃ、このアンドロデムスのキットあげます」とか「均フィギュア、5個くらい持ってって下さいよ~」と言われることを恐れたわけで。いやいや、他人様に無用の気遣いを頂くのが忍びなかっただけでございますよ<ホンマかいなドクロ

んで恒例のプレゼントですが、ここんトコすっかり物欲が失せてるので(絶版プラモ&ガンは別)、何も要らないと言ってたんですけど…またしても枕とは困った05年度の父の日参照
お前たち、どうしてそんなに枕を送りたがるんだい?つーか、老人への贈り物じゃねーだろ、おい落ち込み 確かに、しょっちゅうゴロ寝してる印象があるのかも知れないけどな!今年のはゲルマニウムパイプがぎっしり入ってて、更に爆睡しちまいそうだけど、知らんぞOK<ゲラニウムではありませんよ、一部の人ウインク

世界にひとつだけの…

兄ちゃん情けなくって、でも嬉しくって泣けてくらぁ~悲しい

日頃から奇抜なアイデアと、腰が砕けるほどの脱力ネタで、私を笑いのドン底へと突き落としてくれる2Gやんですが、今日郵送されてきたシロモノには、マジでお小水を2~3滴 チ ビ リ ました困った

実にタイムリーとゆーか、本年度のベストヒットとゆーか、ボクとキミのハートシンクロ率200%とゆーか、あんたバッカじゃね~の?とゆーか、サイキングよりこっちの方が売れたりして?とゆーか、何を食ったらこんなの造れるようになるですか?とゆーか、とにかくギザウレシス音符

掲示板と個人通信にて、「近々世界の終りを予感させる、とてつもなく恐ろしいカタストロフギフトプレゼント」が手元に届く事は伝えられていましたが、想像を凌駕する、ある意味嬉しい裏切りには、ひたすら拳で膝をブッ叩くしかありません。ところで・・・私は一体コレをどうしたらいいのでしょうか?ロケット 続きを読む

大前均ふぃぎゅあ

人間がまだサルだった頃から、トルコの外れにあるトプカピ宮殿の祭壇に奉られていたという、牢忍ハブラムの人形をやっとの思いで手に入れましたぞ(お分かりだとは思いますけど、例によって戯言ですのでウインク念のため)。にしても、全然似てね~ぞ、コレ。つーか、めちゃくちゃマッドマックス2してますぜ困った。幼児対象にデフォルメされてるので(40男が本気になって、それに言及してるのもツラいお話なのですが)、ハブラムの巨漢っぷりとか、張りのなくなったお肌の弛み具合なんかはちっとも再現されてません<だから当然だってば

395645c4.jpg


兎にも角にも世界でひとつの、いや、宇宙で唯一の(多分)大前先生フィギュアですよ拍手(良く考えたら、通常のヘアスタイルが『ツルピカ電球くん』の大前先生ですから、髪の毛らしきものを生やしたキャラクターは、このハブラムだけじゃあないでしょうか?)。複製してストロング・リキに改造するもヨシ、マスクを装着してバンリキにするもヨシ、銀色のナイロン素材で作った服を着せて宇宙人デコンにするもヨシ、スーツを着せて松田優作に44マグナムで撃ち殺されるギャングにするもヨシ、三味線屋の勇次に糸で絞め殺される殺し屋によるもヨシ!ですね<コレを改造ベースにしようと思う酔狂な方はおられないでしょうが、フルスクラッチしても工作量と時間は同じだけかかりますドクロ

ジライヤって近年の作品だという意識があったんですけど、それでも放映からまもなく20年を迎えようとしてるんですね。時の流れって、はえ~なあ。来るべき日に備えて、一応参考資料として揃えてみました。

c664a2b7.jpg

ロケットマンと馬風破がラインナップされてないのが、許せん!!烈牙は外して正解です。

ちなみに…牢忍ハブラムをご存じない方はコチラ

さらばポールドゥリス

ネットを巡回してて知ったのですが、「ロボコップ」「レッドオクトーバーを追え!」「スターシップ・トゥルーパーズ」等の劇中スコアを担当したベイジル・ポールドゥリス氏が亡くなられました。ベイジルと言う呼び名が定着したのは「ロボコップ3」以降で、それまでパンフレットやチラシには「バジル・ポレドウリス」「バジル・ポールドウリス」「ベイジル・ポールダウリス」「ベイジル・ポレドーリス」等々、映画会社や配給会社によって統一性のない書かれ方をしたり(日本語活字にし難いのは理解出来るんですけど落ち込み)、そんな不遇の時代もありましたが、「沈黙の要塞」の頃にはすっかり中堅の位置を確立し、私の中では「決して外さない作曲家」として認識されたものでした。輸入盤取扱店を探し回って、「ノーマンズ・ランド」と「若き勇者たち」を見つけた時は嬉しかったなあ。
バーンスタインやゴールドスミスは他界してしまったし、ジョン・ウイリアムスは優等生なスコアしか書かなくなったし、ジェームズ・ホーナーはすっかり鳴らし系から手を引いてしまったし、もうポールドゥリスに頼るしかないと思っていただけに、非常に残念です悲しい

ポールドゥリスと言えば、「アイアンイーグル」と何の迷いもなく答える私ですが、惜しむらくは当時の流行でサントラアルバムはボーカルオンリーのものが多く、これも例外ではありませんでした。2機のF-16戦闘機が雲を切り裂いて飛ぶタイトルバックに、延々と流れるオープニングテーマは、本編のトホホぶりに反し、希望を感じさせる実に勇壮で爽快なスコアでした。聴いているだけで元気が出てくる、そんな曲でした。同じスカイアクションものの「イントルーダー」も同じく正規単独アルバムが出ておらず、「アイアンイーグル」とのカップリングでプロモ盤として、少数のみ市場に流れたようですが、極たまにネットオークションで出品されていても万を超えており、悲しいかなとても手が出ません。今こそ追悼盤として、どこかの奇特なメーカーからリリースされないものでしょうか・・・・。

最後の作品は「レジェンド~三蔵法師の秘宝」だそうですが、失礼ながら本作は未見のうえ、音楽も聴いていません。機会があれば、是非氏の遺作を堪能したいと思っています。
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
最新トラックバック
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ