荒鬼の人生ブローバック

好きに生きるって素晴らしい・・・ですね

かっこいいぜ、アトランジャー!

【合体ロボット アトランジャー・タイガーシャーク】が読めるのは青島ネットコミックスだけ笑顔

熱中して読んでると、唐突に終わるのでご注意下さい笑顔(何だか毎頁完結してるようで、どこがクライマックスか分かりませんし)。挿入されてるBGMにも注目。宮内国郎センセでしょうか(ちゃうちゃう)。

シャイアードやゴダイガーも書籍として販売されてたんですね。驚き~びっくり

「セカモエ」ってなに?

1977年に公開された「世界が燃えつきる日」(監督/ジャック・スマイト:出演/ジョージ・ペパード/ジャン・マイケル・ビンセント:20世紀FOX)は、当時中学生だった私が、初めて友人同士で映画館で観た映画なのです。それだけに想い出も特別で、後に鑑賞する映画の「物差し」となりました。作品自体は今の目で見れば、騒ぎ立てるほどの仕掛けもなく、ありがちな近未来SFでしたが、何故か暫くは好きな作品の上位にランクインされていました(まさか、すぐ後に「スター・ウォーズ」のような大作が来るとは想像もしてなかったし)。

ストーリーは、勃発した核戦争の中、奇跡的に生き残った4名の男女が、装甲で覆われたキャンピングカーのような「ランドマスター号」に搭乗して、アリゾナからニューヨークまでの大陸を横断するというもの。核の影響で巨大化したサソリやゴキブリ(ショッキラスみたい)、そして砂嵐や洪水といった自然災害が、彼らに牙を向きます(何の障害もなけりゃ、映画として成立しませんもんね)。

で、当時話題になったのがこの映画の主役「ランドマスター」。チラシの裏には何やら日本を巡業したとか書いてますけど・・・うぅ、知らなかったなぁ、そんなの
b4720d8a.jpg

今回、何故こんな誰の記憶にも残っていない作品をわざわざ取り上げたのかというと、掲示板上にて原題の件で誤った記述をしてしまったからに他なりません(訂正か削除しろよ笑い)。
6d692ab8.jpg
e8e3e513.jpg

上が当時のチラシです。見えにくいんですけど「SUVIVAL RUN」と記されています。公開時は中学生だったこともあり、辞書で意味を引っ張ったりしたので記憶にも残っていました。下はビデオのパッケージ。そこには「DAMNATION ALLEY」という原題が・・・。

謎は解けました(早っウインク)。「DAMNATION ALLEY」というのは映画の原作者、ロジャー・ゼラズニーの著書「地獄のハイウェイ」の原題だったのです。経緯は分かりませんが、おそらく映像をソフト化する際に、原作名がタイトルとして付けられたのでしょう(もしかしてアチラでベストセラーなら、相乗効果は期待できますからね)。

結論としては「どちらも正解」となるんですけども、私にはやはりサバイバル・ランなんですよね、セカモエは。もうひとつ気になるのはサウンドトラック。公開当時は国内盤として単独発売は実現されなかったのですが(カヴァーのコンピ盤に「メインタイトルだけ」ってのはありました)、輸入版は存在するようです。頑張って入札してみようかなぁ。

駄プラ、捕獲セリ

65cb083a.jpg

う~ん、誰も興味なかったのね悲しい
昨日のデブキャラは、コイツのパイロットでした(そりゃ分かるまい)。コレは知る人ぞ知る、イマイの銀河の鷲メガロザマックシリーズのパワードスーツ、ダ・ウエブというオリジナルロボットなのです。

太陽戦隊ガルダンや機動戦隊ガンガル、ザ・アニメージといった、いわゆるモビルスーツの亜流プラモのオリジナルシリーズ最後発的存在で、イマイは既にシリーズを完結していたマクロスで得たノウハウを遺憾なく発揮、導入したのがこのザマックなのです(ホンマか?)。

まずこのダ・ウエブについてなのですが、巨大なハサミを装備したスパルタンなスタイルが実にカッコイイとは思いませんか?肩についているのは核魚雷で(キャー)、対潜水艦用として開発されたという設定になってます。一見正統なデザインにも思えるのですが、膝の逆関節はウォーカー・マシーンぽいし、頭は当時バンダイから出てた「アクトロン・コスモボーイ」にそっくりです(あ、知りませんか?)。腕の作業用風マニピュレーターはザクタンクから拝借したのですかね(一応、バトル・クローフィッシュという名称が与えられてます。フィッシュって…)。デザインはどうあれ、成型はイマイですから、アニメージより数倍は組み易そうですよ。

そもそもベースとなるストーリーが存在しませんから、妄想で活躍させねばならないわけです。以前自爆王のジオラマ・マスター2G氏が「ズゴック・艦船唐竹割りジオラマ」を製作されてましたが、スケールが合えばコイツに置き換えて貰いたいところです。※因みにコヤツ、1/144スケールです。

それで入手経路はといいますと、何と恐ろしい事に「フツーの模型屋さん」で売られていたのを偶然見つけたのです。ただ店のおじーさんに誰かが入れ知恵したらしく、500円のシールが貼られていました(定価300円也)。それでもネットオークションで落札する事を思えば(中々出回らない上、かなりの高額になります)安い買い物です。そこにはアリイのデストロイド・ディフェンダーやタカラのマッケレル・ビギナーズ・コレクションもありました(全て500円。どちらもスルーしましたが)。でも折角だからと
37700109.jpg

ブルーATと水すまし型ハンターを購入しました。あるところにはあるモンですね。たまに街の模型店を巡ってみるのも楽しいものですよ。ひとつ残念だったのは、別の店で見つけたコンバット・アーマーたちに付けられた法外な価格。純粋に組もうとする人間にとって、これほどの障害はありません。店主曰く「これが今の相場だから」だとか。仕入れた当時の価格で販売している良心的な店だってあるのですから、店頭販売するなら「うちはヴィンテージ価格です」とか何とか提示すべきだと思いました。見るからに売上げ悪そうな店でしたけど<だからほっといたれって笑顔

あなたはだあれ?

d82a7296.jpg


さて、彼は一体、何の作品に登場するキャラクターでしょうか?みたところ、ものすごくタツノコっぽいんですけど。
声のイメージは山下啓介ってとこですか。





ヒント

? ロボットのパイロットです(合体ロボのタンクメカに乗ってるわけではありません)。
? 作品は「アニメ」ではありません(ちゅーか「アニメ化」予定すらありませんでした)。
? マシ国という記述は無視すべきです(ダンバインの設定をパクってるのでしょうか)。
? 他に仲間が4人います(それぞれが別のメカに搭乗してます)。

これで分かれば、相当なプラモ通ですね
<あ、これが最大のヒントかな?って、カテゴリー見りゃ分かるぢゃん笑い

落ちました

(本申請の合否通知が出てないので、こういうタイトルは非常に縁起悪いんですけども)

04adca43.jpg


今流行のリモネンを配合した塗料剥離剤「Mr.リムーバー」です。確かにラッカー溶剤系の刺激臭はしませんが、主成分がアルコールですから、換気を怠ると酔います
柑橘系の香りも強すぎ。指に付いたら暫くは取れません。では肝心の剥離レベルはどれほどのものかといいますと・・・。

d90e32ac.jpg


向かって右の白っぽい放熱板が、リムーバーで塗装を落とした状態です。被験体はラッカー塗料をエアブラシで塗装後、約5年程度経過したもの。使用したのはMr.カラーですから、同社製品とは愛称が良いようです。御覧頂ければお分かりの通り、下地のホワイトは落ちていません(基本塗装はサフ→ベースホワイト→モンザレッドの順に施してます)。前述したように、溶剤分を含んでいないため、「塗って拭き取る」だけでは、定着した塗料は簡単には剥離出来ないみたいですね。経年も影響しているのか、ここまで落とすのにかなりゴシゴシ擦りました。素材がレジンならMr.ツールクリーナーにドブ漬けするか、モデラーズのクリーナーEXをブワ~ッと噴射すれば一気に除去できるのですが、相手がスチロール樹脂だとそれこそブレストファイヤーを浴びたようにドロドロに溶けてしまいますので、プラモメインの方には重宝するかもです。

追記しておきますと、あくまで模型用ラッカー塗料の剥離と塗装面の脱脂を目的として開発されていますので、それ以外の成分や性質を持つ塗料には十分な効力を発揮しませんので、ご注意を。
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
最新トラックバック
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ